検索
  • 作業療法士兼パーソナルトレーナー小坂

ジョギングダイエットの誤解


1.『速く走れば走るほどハイペースでやせる!?』

う~ん・・・微妙な所ですが、基本的には誤りだと思います。

確かに長時間呼吸を乱さずにハイペースで走り続けることが出来れば脂肪が燃焼され、ハイペースでやせる事が出来るかもしれません。

長距離マラソン選手で太っている人は見たことありませんよね。しかし普段運動不足の人が長時間ハイペースで走り続けることはまず不可能でしょう。

そんな普段運動不足の人が効率良く脂肪を燃焼するにはある程度ラクに走った方が良いと言われています。理由としては体脂肪をエネルギー源に変えるには“酸素”が必要だからです。

運動をすると体内の脂質はまず脂肪細胞内で分解されて筋肉に運ばれます。さらに筋肉の細胞内で酸素を使ってエネルギーに変換され、燃焼されていきます。いわゆる有酸素運動です。

しかし無酸素運動と言って激しい運動では脂質ではなく“糖”をエネルギーに変換します。ゆっくり走れば体の中にある糖質と脂質の使われる割合は五分五分程度なのに、息が切れる程の激しい運動をしてしまうと脂質の使われる割合は10%程度までに激減してしまうことがわかっています。

これがよく言われている『無酸素運動よりも有酸素運動の方が体脂肪は燃えやすく、ダイエット効果も高い』ということです。

2.『走っても脚は太くなる?

女性のお客様からの質問で多いのは“ダイエットの為に走ると脚が太くなるって聞いた”ということですが、基本的に女性が一般的な筋トレやランニングで足がムキムキになることはありえません。

仮に走っているのに足が太くなってしまった場合は、『パンプアップ』と言って血流の増加による一時的なものか、『走っていることによる安心感によって、今まで以上に食べてしまっている』ことが挙げられます。

むしろ歩いたり走ったりすることで刺激されるふくらはぎは“第2の心臓”と言われており、血液循環に大きな役割を持っています。結果的にむくみ防止にも繋がりますよ。

3.『汗をかけばやせる!?』

いい汗、悪い汗って言うのがありますが・・・

汗の量と脂肪燃焼率はまったく比例しません。。。

そもそも発汗とは“体温調節”のためであり脂肪燃焼の為ではありません。

汗をかいて体重が減るには体から水分が抜けているだけ。水分補給をしたらすぐに戻ってしまいますよ。“やせる”とは脂肪を燃焼し消費することです。

4.『20分以上走らないと意味がない?』

ダイエットにおいて有酸素運動は20~30分以上連続で行わないと効果がない!という説がまん延していますが、実は誤解があるのです。。。

確かに20~30分以上連続で行った方が効果は高いですが、連続でなくても1日のトータルとして20~30分有酸素運動を取り入れることが出来ればダイエット効果はあるという説もあります。

5.『歳だからもうやせない、ダイエットって若者のすることでしょ?』

いえいえ、そんなことありません!

60歳を過ぎてもやせますし、むしろ標準体型に戻すと健康寿命が延びます!

そして筋肉は『貯筋』が出来ます!Style Up☆体幹のトレーナーは病院でのリハビリ勤務歴があるので肌で実感していますが筋肉には『マッスルメモリー(筋肉の記憶)』があり、一度鍛えておくと体に記憶され数年後に再び筋肉を始めても筋力を戻しやすいと言われています。

病院でのリハビリ中も“過去に運動歴がある方”の方が全く運動していなかった人よりも圧倒的に回復力が高いのです。これもマッスルメモリーの効果だと思います。

そしてダイエットに話を戻すとホルモンの関係で20代と比べたら筋肉のつき方は遅いですがトレーニングを続けることで確実に体は引き締まり、将来の介護予防にも繋がります!

#浜松 #ダイエット #トレーニング #ジョギング #磐田 #袋井 #ジョギング速度 #ストレッチ #やせたい

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

ホームページ更新しました。

新型コロナウイルス拡大防止のための休業要請が明け、 5月18日より営業を再開しております。 尚、当ジムにおける新型コロナウイルス感染症に対する対策もホームページ上に公開しておりますので一読して頂けたら幸いです。 今後ともよろしくお願いします。

入会のご案内

Admission

浜松 ダイエットジム
浜松 ダイエットジム

入会手続きは電話orメールでお願いします。

☎:080-4895-4294(代表)

スタイルアップジムでは、最先端のトレーニングで皆様の健康をサポート致します。

浜松市南区河輪町142-1

定休日:日・月

受付時間:9:00~21:20(20:20最終受付)