メタボ・・・時には病院受診も必要。


メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を予防・改善するためには、生活習慣を改善し、内臓脂肪を減らすこと、運動習慣をもち、食生活を見直し、禁煙を始めることが重要と言われています。

しかし運動習慣や禁煙だけでは改善が困難な場合まで進行している場合は、医師の指導により、薬が必要になることもあります。

具体的にはBMI値が30を越えている高度な肥満の場合はいきなり運動してもカラダや気持ちがついていかないことも多いのです。

場合によってはよかれと思って始めた運動によって腰痛やひざ痛を惹き起こしてしまうことも・・・

そうった場合はいきなり運動ではなく、薬物療法によりまずはメタボと向き合える身体の状態を整えることも必要です。

ただトレーナーとしての本音はそういった状態になってしまう前に、自分のカラダへの投資だと思って健康なうちに健康な状態を保てる生活習慣や運動習慣を身につける必要があると確信しております。

日頃、運動不足だなぁと実感されている方はまずは当サイトのトレーニング動画を参考にしてみてはどうでしょうか?

Featured Posts